忍者ブログ
Admin*Write*Comment
ぶろぐ
[6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16


社内旅行へ出掛けました。

 

行き先は、せっかくのなので町並みが良いところ、となり

崖の上のポニョ舞台であり、埋立て架橋計画問題などもあり

最近耳にする機会も多かったところ。

 

NPO活動などでご一緒させていただいてる、自称町並みオタクの方が

オススメ!!と言っていたところでもあります。

 

久々のお出かけにウキウキしていた私ですが

何回天気予報を見ても雨。それも大雨。

 

うーむ、珍しいことをするからこうなるのでしょうか?

 

結局、雨の降る中、港町、鞆の浦へ到着いたしました。

 

所員全員びしょ濡れになりながらのまち歩きとなってしまいましたが

古い町並みには雨も似合いますね。

ぐっと幻想的で趣のある風景をみることができました。

 

海沿いに歩くと、港町!と言う風景が広がっているのですが

一歩足を踏み入れると、全く雰囲気が違う!!


IMG_1539.JPG










路地・路地・路地

 

ポニョのイメージにはなかった風景。

 

時々、細い路地の向こうに抜ける景色が海…と言う

素敵な風景が次々に表れます。

 

そしてまずは

 

鞆まちづくり工房(「御舟宿 いろは」)へと向かいます。

 

空家プロジェクトなども行ってらっしゃるそうで。

 

そこの代表の方とお話しすることが出来ました。

 

すると、今現在修復中の蔵がある、とのことで場所を教えていただき

その蔵も見学することができました。

そこにいらっしゃった方はボランティアで携わっているとのこと。

どこでも事情はよく似ているようです。

IMG_1531.JPG

 









路地だらけの町をクルクル歩いていると少し疲れて来ました。

 

常夜灯の傍まで来て…あ…カフェがある。。。。

 

と、入ったのは「鞆の浦a cafe」でした。

IMG_1559.JPG

 








なんとも!ここも古民家再生物件!

 

土壁むき出しなところに親近感を覚え、落ち着くわあ…と

雨に濡れて少し冷えてしまったので全員温かい飲み物を注文。

 

しばし、まったりと休憩をさせていただき

お会計…と言う際に「どちらから来られたんですか?」と

声を掛けていただきました。

 

私もteyanyでいつも同じ言葉で話しかけているので

なんだか嬉しくなってしまい

 

「兵庫県の丹波篠山です!」と、自信たっぷりで答えたものの

…わ、わかりますかね???とドキドキしましたが

 

「良いところですね!大好きな町のひとつです。」

 

と言っていただき、一段と嬉しくなり、しばらくお話しさせていただきました。

 

 

こうやって実際に、その町にいる方々と話が出来ると

グッとその町の印象が強くなるように思います。

 

やはり、どこも町のために、建物を残すために、と

自分の利益ではなく大きな志を持った方々によって

少しずつ大切にすべきものが大切にされているのだと感じました。

 

こういう活動をするためには町や建物への愛情が何より大切なのですね。

 

IMG_1560.JPG

 


ボンネットバス。ネコバスみたい!
しかし…乗ることは出来なかった;


私も篠山の町づくりに携わる人間として

もっと篠山をうまくアピールしたいな、と思いました。

 

冷えた身体にお風呂は何よりの贅沢でした。

 

さて、次は尾道編へと続きます。

スタッフ@アイコ

PR
去る4月2日。

丹波新聞にも載っていたのですが
市の無形文化財、箕浦さんがお亡くなりになった
と言う 悲しい知らせが届きました。

突然のことだったようで、私自身も とにかく驚き、
その後、言葉を失ってしまいました。

私がこのような所に書くのは良くないかな、とも思い
少し時間も経ってしまいましたが
先月まで一緒に竹民具講座をさせていただき
とてもお世話になった方ですし 篠山にとって、
とても大切な方だったと思っているので 少し触れさせていただきます。

最後にお会いしたのも竹の講座で、3月の後半に差し掛かっていました。
いつもにこやかで穏やかで、皆さんに丁寧に竹の扱いを教えていらっしゃいました。
お忙しいとのことでしたが、お元気そうに私の目にはうつっていました。
私も、一緒に習いたいと思っていたのですが 予想以上に人気の講座で満員御礼となり、
スタッフの私は自粛。 次回は自分も!と思っていたので、
それが叶わなくなり、大変残念です。

しかも、今回の受講生の方々は口を揃えて
次回また参加したいので決まったら教えてね と言っていただいたので、
皆さまも大変残念に思っていらっしゃることでしょう。

箕浦先生には到底及びませんが
ここ2~3年の竹民具講座に於いて
竹を割るところから材料を作ることを習得された方が何名もいらっしゃいます。

基本的な編み方ではありますが、
美しいカゴを作れるようになった方が何名もいらっしゃいます。

その方々が、きっと箕浦先生を語り継いでくれることと思います。

私にとっても、日展作家でもあった箕浦先生は芸術家としても
とても尊敬しているし憧れでもあります。
自分の技術を磨くこと、それを惜しみなく人に伝えること
そう目指して行きたいと思います。

文化や伝統は守るだけでなく、継続して日々の行いの中で
人に伝えて行くことが必要なのだと、改めて感じました。

たくさんのことを教えていただきました。

それ以上に、そのお人柄が大好きでした。

今もお堀の傍を通る度、竹林を見る度に思ってみるのです。
また、お会い出来るのではないか、と。

最後になりましたが、箕浦先生のご冥福をお祈りしております。

ホームページの一部コンテンツにおいて表示されないという不具合がありました。
報告は前々より受けており、皆様には大変ご迷惑をおかけしました。
対応が非常に遅くなってしまい、申し訳ありません。
今後は、更新やホームページのリニューアル含め、
管理人の変更等でまたもや時間を頂くこととなりますが、
もうしばらく見守って頂けると有難いです。
 土曜日の篠山は雪・雪・雪!!

竹民具の土曜日コースの講座がある日だったので
大丈夫かな?と心配していましたが

なんとか、行うことが出来ました。

IMG_1249.jpg








早い人は、竹を編む行程へと入り始めました。
面白いところではあるのですが

これが、なかなか難しい様子。

先生が実演してくださる様子を見つめるも…

「えーと…次、どうやるんでしたっけ??」

IMG_1253.jpg








それでも、先生がおっしゃるように

繰り返し繰り返し練習して覚えること

が、大事なようで、皆さまも少しずつ覚えていていたようでした。


土曜日コースはこれで折り返し地点。
素敵な花かごがたくさん仕上がるのが楽しみです。

※今年度の「竹民具講座」は満員御礼で受付を終了致しました。
皆さま、どうもありがとうございます。
 今年も市の指定無形文化財・竹工芸作家の箕浦竹甫先生を講師にお迎えし、
竹細工製作講座を開催する運びとなりました。

水曜日コース・土曜日コース各4回ずつの連続講座となります。

●日程
・土曜日コース:1/30・2/6・2/13・2/20
・水曜日コース:2/3・2/10・2/17・2/24

●時間:いずれも午後1時半から2時間程度

●場所:篠山市河原町「to teyany」
※会場は変わるかも知れません。

●参加費:通しで4000円

今年は一般社団法人ノオトと共催しており
「ささやまな日々。」と言う事業の一環にもなっています。

水曜コース、土曜コース
只今、参加者募集中です。

参加申し込み・お問い合わせは
才本建築事務所まで、お願いいたします。
  • ABOUT
やくらや周辺で起こった出来事を徒然なるままに書いていくブログです。
  • カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
  • フリーエリア
  • 最新コメント
[10/06 鈴木 英夫]
[11/05 ブログ管理者]
[10/27 霞]
  • 最新トラックバック
(10/03)
  • プロフィール
HN:
才本建築事務所
性別:
非公開
  • バーコード
  • ブログ内検索
  • カウンター
  • アクセス解析
  • アクセス解析
  • 忍者ポイント
Copyright © ぶろぐ All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]